セロトアルファの成分麹菌の働き 

セロトアルファ成分麹菌の働き

 

 

セロトアルファに含まれている3大成分の一つ麹菌があります。

 

麹菌とはコウジカビを米、大豆、麦などに繁殖させることで作られます。

 

味噌や納豆などの発酵食品などに多く含まれています。

 

 

これらの発酵食品は先人の知恵というように日本では

 

健康食品として親しまれてきました。

 

 

近年海外でも「日本の食品は健康に欠かせない」

 

というぐらい、注目が集まっていますね。

 

 

その麹菌の役割は何かというと

 

お腹の調子を整えると言われています。

 

 

また、消化吸収を大幅に助けてくれると言われています。

 

 

麹菌で作った発酵食品には生きた酵素が

 

多量に含まれていると言われています。

 

 

私たちは消化酵素というもので

 

食事を分解し吸収をしますが

 

使えば使うほどの酵素を消費してしまいます。

 

少ない酵素だと

 

分解が上手くすることができずうまく栄養素を吸収することが

 

できなくなってしまいます。

 

 

そのために酵素を効果的に取り入れることによって

 

栄養をしっかり吸収し体の調子を整えるということですね。

 

 

特にうつ病の原因は栄養不足が指摘されていることが多いですから

 

麹菌を効果的に取り入れることで吸収をスムーズにしてくれます。

 

 

麹菌を発酵食品から取り入れるのは難しい

 

 

食事から麹菌をたくさんとりたいところですが

 

食事から麹菌をたくさん摂取するのは

 

 

実はすごく難しいのです。

 

なぜならば発酵食品は塩分が多いものが多いからです。

 

 

健康的だからと大量に発酵食品を摂取すると

 

実は塩分を必要以上に取っていたということはよくあります。

 

腎臓に負担がかかり、

 

健康に逆効果になることがあります。

 

 

そのためにセロトアルファなどのサプリメントを利用し

 

豊富な麹菌を効果的に摂取していくことが

 

効率的であるといえます。