セロトアルファは睡眠に対して効果があの?

セロトアルファは睡眠に対して効果があるの?

 

 

 

うつ病のサプリメントとして評判のセロトアルファですが、

 

よく聞かれるのが

 

「睡眠にも効果がありますか?」という質問です。

 

 

うつ病の気分の落ち込みや

 

前向きに考える力が起こるということは

 

 

別記事にて紹介をさせていただきました。

 

 

 

ではセロトアルファは睡眠に効くのでしょうか?

 

効くとしたらどの成分が効果を発揮するのでしょうか?

 

 

 

セロトアルファは睡眠に効果があるのか?

 

セロトアルファは睡眠に効果はあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、セロトアルファは睡眠に効果があるといえます。

 

 

実際にその効果をもたらす成分としては

 

大麦発酵酵素の力が大きいといえそうです。

 

 

 

大麦発酵酵素の働きとは
大麦発酵酵素の働きは

 

セロトニンやドーパミンなど私たちの脳内伝達物質の

 

分泌を盛んにしてくれるということです。

 

 

 

また大麦に含まれるビタミンB2も栄養の吸収を手伝ってくれるのです。

 

 

 

セロトニン・・・私たちの心の安らぎを与えてくれる物質です。巷では
幸せホルモンといいもてはやされています。

 

 

ドーパミン・・・私たちの意欲を引き起こしてくれます。やる気や

 

活動などに効果を発揮してくれるのです。

 

 

 

これらの神経伝達物質が盛んになると

 

心配事や、先の心配が大きく軽減されていきます。

 

 

そのために、

 

「考え事があって寝るどころではない」

 

「横になってもネガテイブな気持ちに支配されている

 

そのための睡眠に集中することができない」

 

と、考え事や悩みを楽にしてくれるので

 

 

結果的に睡眠に効果を発揮すると
言えますね。

 

 

大麦酵素などは、私たちの体の中では作り出すことができない物質です。

 

また、年齢と共に酵素は減少していきますから

 

 

セロトアルファを利用して

 

積極的に摂取していきたい成分の一つですね。